愛媛県で中学受験をお考えなら寺小屋の「TOP ONE」

塾生専用
コンテンツ

サイトマップ

イイジュクイコー0120-111915

《受付》11〜22時(日曜:17時まで)

小中高12ヵ年一貫指導の学習塾:教育活動を通じて
人と地域の未来を照らす、寺小屋グループ公式HP

中学受験なら寺小屋の「TOP ONE」

中学受験・難関校受験なら寺小屋の「TOP ONE」

中学受験なら、合格実績No.1寺小屋のトップワン

中学受験なら、合格実績No.1!
寺小屋の難関校受験ブランド“TOP ONE”にお任せください!

中学受験なら、合格実績No.1!
寺小屋の難関校受験ブランド
“TOP ONE” にお任せください!

学習塾・寺小屋のトップワン申し込み

寺小屋の難関校受験ブランド“TOP ONE” とは

寺小屋の難関校受験ブランド
“TOP ONE” とは

愛媛県から全国・そして世界へ羽ばたく、次代を担う人材育成を目指す、寺小屋グループのトップブランドです。
TOP ONEでは、愛光学園・済美平成中等教育学校・新田青雲中等教育学校、愛媛大学教育学部附属中学校、県立中高一貫校などの受験対策に、寺小屋グループが創立以来培ってきたノウハウ、データ、経験を駆使し、最高の教育サービスをご提供。子どもたちの可能性を信じ、お子さま・保護者さまの夢の実現をサポートさせていただきます。

寺小屋は愛媛県中学受験合格実績ナンバーワン
寺小屋は愛媛県中学受験合格実績ナンバーワン

授業プラスαのサポート

授業プラスαのサポート

各種テスト・模試
目標までの距離を測る各種テスト・模試を準備しています。教科書レベルの学力を測るものから、志望校別の模試まであらゆる角度から学力を測定し、詳細で制度の高い学力判定を行います。学校を会場として本番さながらの緊張感の中、受験できる模試もあります。
コース別合宿学習
受験生としての学習方法・学習姿勢を身につけることを目的に、コース別に年数回実施します。
合宿学習ならではの内容を準備し、単元を絞った集中的な学習をします。普段とは異なる環境で身に付く成果は想像以上です(写真は寺小屋グループ砥部合宿研修所「星夢館」です)。
入試直前特訓
1月に行われる主要中学入試を前に、年末年始を利用して特訓授業を行います。入試の総仕上げ・準備をし、入試直前の特に大事な時間をサポートします。
各種説明会
中予地区すべての国立・県立・私立中学校が一堂に会する中学入試合同説明会や、ベテラン中学受験担当者より入試前に入試のポイントをお伝えする説明会などを実施いたします。
個別面談
入試までの間、成績が常に右肩上がりで進み続けることは稀です。時には落ち込むこともあります。受験を乗り切るためには、目標達成への強い気持ちとそれをサポートする存在が大切です。志望校合格に必要な学習カリキュラムのご提案はもちろん、保護者の方とも状況や情報を共有してまいりますので、ご安心ください。
各種テスト・模試
目標までの距離を測る各種テスト・模試を準備しています。教科書レベルの学力を測るものから、志望校別の模試まであらゆる角度から学力を測定し、詳細で制度の高い学力判定を行います。学校を会場として本番さながらの緊張感の中、受験できる模試もあります。
コース別合宿学習
受験生としての学習方法・学習姿勢を身につけることを目的に、コース別に年数回実施します。
合宿学習ならではの内容を準備し、単元を絞った集中的な学習をします。普段とは異なる環境で身に付く成果は想像以上です(写真は寺小屋グループ砥部合宿研修所「星夢館」です)。
入試直前特訓
1月に行われる主要中学入試を前に、年末年始を利用して特訓授業を行います。入試の総仕上げ・準備をし、入試直前の特に大事な時間をサポートします。
各種説明会
中予地区すべての国立・県立・私立中学校が一堂に会する中学入試合同説明会や、ベテラン中学受験担当者より入試前に入試のポイントをお伝えする説明会などを実施いたします。
個別面談
入試までの間、成績が常に右肩上がりで進み続けることは稀です。時には落ち込むこともあります。受験を乗り切るためには、目標達成への強い気持ちとそれをサポートする存在が大切です。志望校合格に必要な学習カリキュラムのご提案はもちろん、保護者の方とも状況や情報を共有してまいりますので、ご安心ください。
私立中受験は入試結果が合否に直結します。国公立中受験は内申書などの要素も含まれますが、同様に入試の出来が大きく合否に関わってきます。数年にわたって身につけた実力を、入試当日の数時間で最大限発揮しなければなりません。入試というものは総じてシビアなものといえます。寺小屋グループでは愛媛の中学入試を長年分析し、熟知しているからこそできる充実した対策メニューを目標・レベル別に複数のコースで提供しています。中学受験では「目標に向かって努力する」「計画を立てて行動する」「難しい事柄に粘り強く挑戦する」「自分の気持ちをコントロールする」など、様々な体験をします。寺小屋グループは、中学受験がお子さまにとって「厳しいけれども充実感のあるチャレンジ」となるように、愛媛の中学受験生を全力でサポートします。
私立中受験は入試結果が合否に直結します。国公立中受験は内申書などの要素も含まれますが、同様に入試の出来が大きく合否に関わってきます。数年にわたって身につけた実力を、入試当日の数時間で最大限発揮しなければなりません。入試というものは総じてシビアなものといえます。寺小屋グループでは愛媛の中学入試を長年分析し、熟知しているからこそできる充実した対策メニューを目標・レベル別に複数のコースで提供しています。中学受験では「目標に向かって努力する」「計画を立てて行動する」「難しい事柄に粘り強く挑戦する」「自分の気持ちをコントロールする」など、様々な体験をします。寺小屋グループは、中学受験がお子さまにとって「厳しいけれども充実感のあるチャレンジ」となるように、愛媛の中学受験生を全力でサポートします。

志望校に合わせた中学受験コース

志望校に合わせた中学受験コース

愛媛で中学受験をするなら低学年から中学受験の土台を作る寺小屋のスーパーキッズコース 愛媛で中学受験をするなら低学年から中学受験の土台を作る寺小屋のアルゴクラブ
愛媛でラ・サール中受験、愛光中受験、済美平成中受験なら学習塾・寺小屋へ 愛媛でラ・サール中受験、愛光中受験、済美平成中受験なら学習塾・寺小屋へ
愛媛で私立中学を受験するなら学習塾・寺小屋へ 愛大附属中受験なら学習塾・寺小屋
県立松山西中受験、県立宇和島南中受験なら学習塾・寺小屋 今治明徳中受験なら学習塾・寺小屋
小学生の為のオンライン英語スピーキング対策講座
愛媛で中学受験をするなら低学年から中学受験の土台を作る寺小屋のスーパーキッズコース 愛媛で中学受験をするなら低学年から中学受験の土台を作る寺小屋のアルゴクラブ 愛媛でラ・サール中受験、愛光中受験、済美平成中受験なら学習塾・寺小屋へ 愛媛でラ・サール中受験、愛光中受験、済美平成中受験なら学習塾・寺小屋へ 愛媛で私立中学を受験するなら学習塾・寺小屋へ 愛大附属中受験なら学習塾・寺小屋 県立松山西中受験、県立宇和島南中受験なら学習塾・寺小屋 今治明徳中受験なら学習塾・寺小屋 小学生の為のオンライン英語スピーキング対策講座

 

私立・県立・附属中入試 各校のポイント

私立・県立・附属中入試
各校のポイント


■小学校内容の早期履修
■入試問題に対応するために必要な知識と考え方の習得
■習得した知識・考えの活用

これらを2~3年かけて行い、入試当日に備えていきます。

私立中の入試問題は小学校内容を題材にして出題されていますが、答えを導き出すには、関連事項の深い理解と考え抜く力が必要です。中長期的に学習に向き合う必要があります。科目別には以下のような特徴があります。

算 数
計算問題からはじまり、割合・速さ・比などの文章題、図形に関する出題など全範囲から出題されています。答えだけの解答でいいものもありますが、立式して解き方を採点者に伝えることが必要な解答方式も多く見られます。
国 語
漢字や慣用句など言葉の知識の問題と、説明文や物語文の読解が出題されています。説明文や物語文は長文の傾向があり、初読で文章を正確に把握することが必要とされます。近年、選択式問題の複雑化や記述式解答などの変化で、受験生間で得点差が出やすい科目となっている学校もあります。
理 科
教科書に取り上げられている知識を覚えるだけでなく、実験や観察などの目的や、それにかなう方法、結果に至る理由などを理解し考えることが必要となります。また、教科書に記載されていないことでも、与えられた条件から解答を導き出す出題も見られます。
社 会
5・6年生の教科書内容を中心に歴史・地理・公民の3分野から出題されていますが、それぞれの分野が融合した出題形式となっている場合が多く見られます。地理的分野では地形や気候だけでなく、それらと人々の生活との関係にも注意が必要。歴史的分野では各時代の枠組みをしっかりととらえ、それぞれの特色をはっきりさせておくことが大切になります。公民的分野では日本の政治や憲法に加え、国際社会と日本の関係についての理解が必要です。
■小学校内容の早期履修
■入試問題に対応するために必要な知識と考え方の習得
■習得した知識・考えの活用

これらを2~3年かけて行い、入試当日に備えていきます。

私立中の入試問題は小学校内容を題材にして出題されていますが、答えを導き出すには、関連事項の深い理解と考え抜く力が必要です。中長期的に学習に向き合う必要があります。科目別には以下のような特徴があります。

算 数
計算問題からはじまり、割合・速さ・比などの文章題、図形に関する出題など全範囲から出題されています。答えだけの解答でいいものもありますが、立式して解き方を採点者に伝えることが必要な解答方式も多く見られます。
国 語
漢字や慣用句など言葉の知識の問題と、説明文や物語文の読解が出題されています。説明文や物語文は長文の傾向があり、初読で文章を正確に把握することが必要とされます。近年、選択式問題の複雑化や記述式解答などの変化で、受験生間で得点差が出やすい科目となっている学校もあります。
理 科
教科書に取り上げられている知識を覚えるだけでなく、実験や観察などの目的や、それにかなう方法、結果に至る理由などを理解し考えることが必要となります。また、教科書に記載されていないことでも、与えられた条件から解答を導き出す出題も見られます。
社 会
5・6年生の教科書内容を中心に歴史・地理・公民の3分野から出題されていますが、それぞれの分野が融合した出題形式となっている場合が多く見られます。地理的分野では地形や気候だけでなく、それらと人々の生活との関係にも注意が必要。歴史的分野では各時代の枠組みをしっかりととらえ、それぞれの特色をはっきりさせておくことが大切になります。公民的分野では日本の政治や憲法に加え、国際社会と日本の関係についての理解が必要です。


入試科目は、適性検査・作文・面接・調査書、
難易度は学校準拠+α(教科書レベル)です。

◆出題傾向
ここ数年大きな変更はなく、適性検査は大問ごとに科目を織り交ぜた総合的なテストになります。教科知識はもちろん必要ですが、その知識をどう使い答えを導くかを問われる問題が多く出題されます。会話文・図・表などを読み取る力も問われるので、問題を多く解くことが大切です。
◆作文
通常より長い600字程度。作文用紙の使い方、問題に対しての文章を組み立てるトレーニングなど、繰り返し書いて確認しましょう。
◆面接
個別質問・集団討論の2種類が行われます。志望動機をはじめに問われるので、自分の言葉でしっかり話せるように準備をしておく必要があります。
◆調査書
6年生の1学期or2学期の通知表を得点化します。学校内外の活動を活発に行い、評価を上げられるように生活していきましょう。
◆受験勉強
県立中等教育学校の受験を、6年生の途中から考える方もいらっしゃるようですが、5年生の段階から準備を進めていくことをおすすめします。

入試科目は、適性検査・作文・面接・調査書、難易度は学校準拠+α(教科書レベル)です。

◆出題傾向
ここ数年大きな変更はなく、適性検査は大問ごとに科目を織り交ぜた総合的なテストになります。教科知識はもちろん必要ですが、その知識をどう使い答えを導くかを問われる問題が多く出題されます。会話文・図・表などを読み取る力も問われるので、問題を多く解くことが大切です。
◆作文
通常より長い600字程度。作文用紙の使い方、問題に対しての文章を組み立てるトレーニングなど、繰り返し書いて確認しましょう。
◆面接
個別質問・集団討論の2種類が行われます。志望動機をはじめに問われるので、自分の言葉でしっかり話せるように準備をしておく必要があります。
◆調査書
6年生の1学期or2学期の通知表を得点化します。学校内外の活動を活発に行い、評価を上げられるように生活していきましょう。
◆受験勉強
県立中等教育学校の受験を、6年生の途中から考える方もいらっしゃるようですが、5年生の段階から準備を進めていくことをおすすめします。


入試科目は、算数・国語・音楽・図工・体育・面接、
難易度は学
準拠+α(教科書レベル)です。

◆出題傾向
ここ数年、大きな変更はありません。算数・国語は教科書レベルの問題が多く出題されますが、応用問題が数問出題されるので対応できるように学習が必要です。
◆入試科目
音楽・図工・体育があるのが特徴です。基礎知識はもちろん、図工のデザインの手法や楽譜の創作などの対策が必要です。体育ではマット運動・ボールを使った運動等を指示にしたがいおこないます。
◆面接
個別質問・集団討論の2種類が行われます。はじめに志望動機を問われるので、自分の言葉でしっかりと話せるように準備をしておく必要があります。
◆受験勉強
受験勉強は、算数・国語を中心とした学習を基本に、その他科目の対策もできるように、余裕を持って準備を進める必要があります。5年生くらいから少しずつ準備を進めていくことをおすすめします。

入試科目は、算数・国語・音楽・図工・体育・面接、難易度は学校準拠+α(教科書レベル)です。

◆出題傾向
ここ数年、大きな変更はありません。算数・国語は教科書レベルの問題が多く出題されますが、応用問題が数問出題されるので対応できるように学習が必要です。
◆入試科目
音楽・図工・体育があるのが特徴です。基礎知識はもちろん、図工のデザインの手法や楽譜の創作などの対策が必要です。体育ではマット運動・ボールを使った運動等を指示にしたがいおこないます。
◆面接
個別質問・集団討論の2種類が行われます。はじめに志望動機を問われるので、自分の言葉でしっかりと話せるように準備をしておく必要があります。
◆受験勉強
受験勉強は、算数・国語を中心とした学習を基本に、その他科目の対策もできるように、余裕を持って準備を進める必要があります。5年生くらいから少しずつ準備を進めていくことをおすすめします。

中学受験なら寺小屋のトップワン 申し込み