合格体験記 / 中学受験 合格体験記

都築 嶺さん

市駅教場【松山】

ラ・サール中学 愛光中学 済美平成中学 合格

受験を終えて

ぼくは、4年生から塾に入って勉強を始めました。最初のうちは、宿題をするのが精一杯というほど勉強を続けることが苦手でした。しかし、分からない問題を先生に質問すると個別で解説してくれるので、段々と問題を解くことが楽しくなっていきました。特に、志望校で出題される問題が解けた時は、合格への自信がつきました。さらに、寺小屋に入ってからはテストが続くので、常にクラスメイトと競争することになります。努力することが苦手な僕でも、クラスメイトに「勝ちたい」と思うと、自然と机に向かい続けられるようになりました。受験当日も、今まで続けてきた努力を信じ、無事に合格を勝ち取ることができました。今までサポートしてくれた家族、先生、クラスメイトには感謝してもしきれないくらいです。後輩のみなさん、分からない問題は放っておかず、先生に質問してください。問題が解けると、今まで苦手だった勉強が必ず楽しく感じられるはずです。

佐藤 慎太朗さん

市駅教場【松山】

愛光中学 済美平成中学 新田青雲中学 合格

受験を終えて

受験勉強をして、特に大切だと感じたことが三つあります。一つ目は、苦手をなくすことです。もちろん誰でも苦手はあると思いますが、苦手をなくさないと愛光中学校に合格するという夢はかないにくいと思います。ぼくは、国語が苦手で、皆に比べて点数がとれませんでしたが、入試が近づくにつれ、国語をたくさん勉強して点数を上げました。そして入試当日は国語に全力を注ぎました。二つ目は、どんなに悪い点をとってもあきらめないことです。入試直前のテスト結果が悪かったとしても、合格の可能性がなくなったわけではありません。可能性は無限です。入試というのは最後まであきらめなかった人が勝ち抜くのです。三つ目は、すきま時間を見つけて勉強することです。例えば、休けい時間にほんの少しでも勉強したら、その少しの積み重ねが将来大きな力になります。一日たった五分でも、百日たてば、他人より五百分も多く勉強することになります。この世にできないはないと思います。一ヶ月あれば愛光中学校の入試の総合点は、三十点から四十点は上がります。やはり、なんでもあきらめない前向きな気持ちを持つことが大切だと思います。愛光中学校を第一志望にしている後輩のみなさんへ、以上の三つがぼくからのアドバイスです。最後までつらぬき通した結果、合格という夢にたどり着けるのです。だから全力でやってください。

桝本 煌太さん

市駅教場【松山】

愛光中学 済美平成中学 新田青雲中学 合格

受験を終えて

ぼくは4年生から塾に通っていましたが、最初の頃は宿題などを一切出していませんでした。でも5年生になった頃から危機感を持ち、勉強に力を入れるようになりました。勉強をするようになると、何度も心が折れそうになったり、あの時こうすればよかったなど後悔することもたくさんありました。ですが、悔やんでも過去が変わるわけではありません。先を見ることが大切です。そして、先生の言うことを素直に聞き、宿題・自主勉強をすることが大切です。また、これを見て実行しようと頑張るあなたの未来は明るく照らされているとぼくは信じています。勉強とは苦手をなくし、自信を与えてくれる魔法です。頑張ってください。

和泉 柚南さん

総本部教場【松山】

愛大附属中学 合格

受験を終えて

私は受験を終えて、勉強をたくさんすることができてよかったと思いました。受験をしなかったら、こんなに勉強をする機会はなかったと思います。大変だったけれど中学受験はとてもいい経験になりました。これから受験される皆さんにアドバイスが三つあります。一つ目は、「しっかりと計画を立てること」です。まず、宿題などは早めに終わらせ、一日にやる事を決めることで、焦ることなく学習できます。そして、無理をしてまで勉強はせず、時には休むことも大切です。二つ目は、「模試の結果を振り返ること」です。テスト直しをしっかりやって次から解けるようにしておけば、落ち着いて問題を解くことができます。三つ目は、「受験当日は焦らず落ち着くこと」です。当日は緊張で焦ってしまうと思うけれど、心を落ち着けて問題を解くことが大切だと思います。
寺小屋の先生方は、最後までいっしょに寄り添ってくれました。分からない問題も分かりやすく説明してくれました。優しく面白い授業で、楽しく学ぶことができました。厳しい時もあったけれど、そのおかげでしっかりと学ぶことができたと思います。

塩見 春翔さん

今治中央教場

今治明徳中学 合格

受験を終えて

明徳中学校に受かったことが分かったときは、とてもうれしかったです。深夜二時まで勉強を頑張ってきたからです。宿題だけでなく、問題集などにも繰り返し取り組みました。間違えた問題や漢字は何度もやり直したり、意味を調べました。それを頑張れたのは塾の先生や家族の支えがあったからです。塾の先生は、宿題ノートの良いところや頑張ったところにいつもコメントを書いてくれました。それがつらい時の支えになり、頑張ることができました。今まで教えてくださった先生、本当にありがとうございました。中学校に行っても勉強を頑張ります。