中学受験 合格体験記

塾生専用
コンテンツ

サイトマップ

イイジュクイコー0120-111915

《受付》11〜22時(日曜:17時まで)

小中高12ヵ年一貫指導の学習塾:教育活動を通じて
人と地域の未来を照らす、寺小屋グループ公式HP

合格体験記 / 中学受験 合格体験記

吉田 有志さん

市駅教場【松山】 (小5・5月入塾)

愛光中学 済美平成中学 合格

受験を終えて

僕は難病を患い入院していたので、医学の道に進みたいという夢があります。寺小屋には、5年生の途中からという遅い入塾のため、正直焦りがありました。そんな僕が志望校に合格できたのは、寺小屋の先生方の温かい声掛けや、“受験当日の試験が始まるチャイムが鳴る瞬間まで伸びる!あきらめるな!”という励ましのおかげです。
僕が志望校に合格し思ったことが2つあります。1つ目は、あきらめを口にしないことです。テストができなかった時は苦手な箇所を分かるまで勉強しました。6年生の夏休みは、ほぼ毎日バスに乗り自習室で先生に教えてもらいました。おかげで、苦手な教科が得意になりました。2つ目は、4教科全て大切ですが、計算力や語彙力をつけることです。
受験当日は後ろを振り返らず会場に入りました。寺小屋の先生方の寄せ書きや、家族からのお守り、自分の力を信じ挑みました。先生や家族に感謝しています。ありがとうございました。

後輩へのメッセージ

吉川 莉央さん

市駅教場【松山】 (小3・2月入塾)

愛光中学 済美平成中学 新田青雲中学 合格

受験を終えて

私が中学受験を体験して感じたことは2つ。
1つ目は、最後まであきらめずに勉強すれば必ず結果はついてくるということです。5年生までは真剣に勉強に取り組んでいませんでした。6年生になって教科書を寝る前にしっかり読んだり、毎日自分で決めたページをこつこつ解いたりしていくうちに、だんだん成績が上がっていくことを実感しました。
2つ目は、支えてくれた方への感謝の気持ちです。毎日がんばれと言って塾に送り出してくれた家族、できなかったところをしっかりアドバイスしてくださった先生方。たくさんの人に支えられたなと感じています。
中学受験を通して人として成長できたなと少し感じています。誰もが体験できることではないので、良い経験になったと思っています。

後輩へのメッセージ

小松 巧人さん

三津教場【松山】 (小6・4月入塾)

県立松山西中学 合格

受験を終えて

僕は、受験を終えて思ったことがあります。あきらめないことの大切さです。
僕は作文が苦手でした。ですが、練習を積み重ねました。宿題で作文が出たときは、二度作文を書きました。そうすることで直しが少しずつ減っていき、本番でよい点数を取ることができました。

後輩へのメッセージ

本番では緊張してしまうので、練習の時よりも力が出せません。緊張した時は、深呼吸して心を落ち着かせるといいです。
面接の時は、何回も言い直さないことと、あまり長く話しすぎないことが大切です。面接は少し緊張するけれど、しっかりと練習していれば大丈夫です。
努力は決して無だにはなりません。本当に受かりたい人は努力しましょう。僕は、過去問を何度も解くことをおすすめします。

井上 明史さん

市駅教場【松山】 (小4・4月入塾)

済美平成中学 新田青雲中学 合格

受験を終えて

低学年の頃は、好きな教科もなくおちこぼれていました。どうにかしようと、父が昔通っていた寺小屋に春・夏・冬休みに通わせてくれました。その後2年間は夏季講座に通いました。3人の生徒の中で勉強しているうちに、一人で勉強する時とは違って、くやしさやうれしさが一気にこみ上げるようになり、負けずぎらいだったのか、それからは週に2日通うようになりました。1年たつと学力もついてきました。
気乗りしないまま父に連れられ、市駅教場の説明会にしぶしぶ参加しました。そこで僕は市駅教場の学習量におどろきました。でも、できたらカッコイイと思い、父と母に市駅教場で学びたいという思いをぶつけました。運良く基そ知識診断テストの成績が良かったので、市駅教場で学べることになりました。市駅教場では、まわりの人たちがみんな本気で、すごくて、5年生の時は成績は下の方。受験のきびしさを思い知らされました。いろいろ心配もありましたが、自分に大丈夫と言い聞かせ冷静に頑張りました。単元テストでトップに立った時は努力が実ったと実感しました。
6年生になると本気で受験を意識し始めました。6時間特訓もあって疲れますが自分の頑張りをポジティブにとらえました。授業がない日も出てきて分からないところを一つ一つつぶす作業をたんたんと続けました。アタックテストで結果を残した時は、うれしいことこの上なかったです。
受験本番は深呼吸を心がけて頭をフル回転して頑張りました。思い残すことがないくらい問題を全力でやりきったからか、試験が終わると心がホワっとしました。合格発表では「合格」の文字が見えた瞬間、これまでの思いがはじけ、言葉で言い表せないほどうれしかったです。

後輩へのメッセージ

受験まで全力で取り組んでください。悔いの残らないよう全力で解いてください。全力で取り組めば、結果がどうであれ前へ進めると思います。ガンバレ!

本城 亜海さん

総本部教場【松山】 (小3・3月入塾)

愛大附属中学 合格

受験を終えて

中学受験を通して今までやってきた国語・算数・理科・社会の基本、そして応用がとても大切だと身をもって感じることができました。苦手科目ばかり勉強していると他の科目の成績が落ちてしまうので、バランスよく取り組むことが必要でした。受験当日は適度な緊張感を持ちつつ、今まで努力してきたことを思い出して焦らずに取り組めるといいと思います。受験を終えると変な解放感がやってきます。次の日はやることがなくて、今までどれだけ勉強に時間を費やしてきたかを実感します。それこそがこれまでの努力の証明なんだなと感じます。また不安や後悔、焦りがおそってきますが、それに負けず、受験後も努力することが大切です。
自分自身が折れそうになった時、支えてくれたのは先生と家族です。家族は「しんどい時は休けいしながらがいいよ」など、アドバイスしてくれました。先生は家ではできないことを見てくれたり、教えてくれました。中学受験には家族の支えが必要ですが、それだけでは無理だと思います。アドバイスだけでなく、体調面・メンタル面の心配をしてくれたり、時にはしかってくれたりする先生方の協力や支えがあってこそ中学受験を乗りきれたのだと思いました。

後輩へのメッセージ

自分の苦手な科目、苦手な単元から逃げることなく何回もくり返し復習することが大切です。メンタルを強くしましょう。メンタルが弱いと少し結果が出ないだけで心が折れてしまいます。失敗を次につなげることが重要です。また、アタックテストの結果を見ることはとても大切。結果から逃げずに向き合うことが重要です。苦手なところを的確に教えてくれるので、苦手克服につなげることができます。
最後に日々の勉強、宿題について。家でテキスト、過去問を解くことが積み重ねになって自信につながります。一日一日を大切にして努力を積み重ねることが自信と、何より成功につながるんだということを覚えておいてください。またそれは、誰かの協力があって実現しているということを頭においてください。大変な時期に入ると思いますが、折れずに頑張って努力を続けてください。

1 2